【PURPLE NOTE NOVA 20191013】リストの中のリストを関数で表示するなど

今日はきのうのローテーションバナーの問題解決をやった。プラグインを変えてバナーは他のブラウザーでも表示されるようになった。いいろいろサイトの設定を変更していたら検索窓が表示されなくなった。ちょっとあわててもとにもどした。 バナーは表示されるのだけれどChrome以外のブラウザーだとページを移動しないと、サイドバーのバナーが変わらない。理由を考えてみたが、キャッシュなのか、JavaScriptなのか、まだわからない。

とりあえず、40近くのバナーを設置。会社の広告だけ。飲食店は明日から。バナーの設定はけっこう単純な作業なので休憩しながらやった。気分転換に他のパソコンにUbuntu Linuxをインストールしてデュアルブートにした。

インストールは問題なくできた。ただ、困ったのはノートパソコンのBIOSの立ち上げ方がわからなくて。試行錯誤した。HPのノートのファンクションキーの押し方がわかりにくいと思った。ウェブでマニュアルを探して、読んでみた。気分転換にインストールしたので、何に使うのか、自分でもよくかわってない。

とりあえず、Webサーバやファイルサーバに使ってみたり、ポートスキャンしてみようかな?

IMG_20191013_202522899

 

今日のポイント

今日のポイント

ローテーションバナーの不具合対応

怪しいGoogle Adsenceの広告(IQテスト)をブロック

Python3 リストの中のリストをカスタム関数で処理

これまでのPython3の勉強のまとめ

ブログにコードを表示するのはpaiza.ioがやっぱりいいかも

 

グイド・ヴァンロッサム [Guido van Rossum]さんに感謝

困難のために会社を辞めたことはあっても、プロジェクトを止めたことはない。
いつもPythonのプロジェクトは次の会社で続けていた。

グイド・ヴァンロッサム [Guido van Rossum]

/

Python Power News更新されてます

/

今日の気になるニュース

何やらモンティ・パイソンが50周年だとかなんとか

根強い人気があるんですね。そうそう、スパムメールのスパムはモンティ・パイソンが由来だとか。

時間があるときに、暇つぶしに観てみようかな・・・あかん、そんな暇はありません。

Python3の修行だ、修行だ。コードを書くべし。

 

Google AdSenseの怪しい広告をブロック

pixel2013 / Pixabay

なにやら、IQテストとかいう広告が表示されて、自分のIQがどれぐらいかテストしてみようと思って、サイトを表示して、メールアドレスを入力し、質問に答えていったら、最後に結果は金をはらったらわかるとか。怪しい。なんとなく怪しいので、Google AdSenseの管理画面でブロックした。

よく使うメールアドレスを入力してしまったから、ちょっと心配。こうやって、メールアドレスを集めてるんでしょう。Google AdSenseの広告だからと安心してはだめですね。

 

ブログにコードを表示するのはpaiza.ioがやっぱりいいかも

ijmaki / Pixabay

コーディングにはelicを最近使ってる。ただ、見本のソースを自分なりに変えてみて実行してるだけなんだけど、このブログにそのソースを表示するには、paiza.ioが簡単に共有できるのでいいかなと感じてる。

埋め込みのコードのままだと、少し小さいので縦のサイズを1500にしてみた。

 

 

/

今日のパイソンの勉強20191013 リストの中のリストを関数で

geralt / Pixabay

■リストの中にリストが入っていた場合の処理

 = ["","bbb"["","ddd"], "ee", [1, 3, 5]]
for one in
if list):
for two in one:
else:

名称未設定-1

--------------------------------

自分で作り変えてみるといい勉強になる。

そして、今日は関数を勉強した。

リストとForループとifとelese。あと、ファイルやデータベースへの書き込みなんかがわかると、何か簡単なものが作れそうな気がしてきた。

これまで覚えたことをまとめておきましょう。

Python3をコマンドラインかIDLEで実行できる識別子はデータを参照する名前。

識別子には「タイプ」ない。

) BIFは画面にメッセージを表示する

リストは、分離されたデータの集まり。コンマで囲まれ、[]で囲まれている。

リストは配列ににている。リストはBIFといっしょに使われる。またたくさんのリストメソッドがある。リストには任意のデータを保持でき、データは型を混在できる
また、リストは他のリストを保持することもできます。

リストは必要に応じて縮小および拡大できる

Pythonはインデントを使用してステートメントをグループ化する

len()BIFはデータの長さ、リストなどのオブジェクトまたはアイテムの数を数える

while loopは使わずにfor loopを使う

… … は条件判断に使う

) BIFはどのタイプのデータか判断するときに使う

defはカスタム関数の定義に使う
“BIF” – 組み込み関数
“Suite” – インデントされたPython3のコードのブロック

 

 

 


時は来た、新しいものを探していかないとね。

 

 

分かっている
分かっている 時代は変わって行くのだと
時は来た 誰もが手を差し伸べる
何か新しいものへと それは君も

 

スティーヴ・ウォズニアックの言葉を信じよう

あなたが自分のしたいことをしていて、目的のために喜んで働くなら、成功は手の届く距離にある。全ての時間を捧げて夜に一人で何を作りたいのか考える、それだけの価値がある。それは報われるんだ、約束する。

- スティーヴ・ウォズニアック -

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモに参加中です! はげみになりますので、見ていただいた記事には、是非上のバナーのクリックよろしくお願いします!